★藤田譲瑠チマ選手「ミスも少なくプレーできた」



東京ヴェルディは11月24日、味の素スタジアムで行われた2019明治安田生命J2リーグ第42節でFC岐阜と対戦し、5-1で勝利した。この試合後にMF藤田譲瑠チマ選手がインタビューに答えた。藤田選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 40 藤田譲瑠チマ選手】
――初先発となった試合を振り返ってください。
「初めから行くとなってから少し緊張した部分がありましたが、試合に入ってからは自信を持ってプレーしようと考えてミスも少なくできました。先発は昨日の練習中のセットプレーの練習などでハッキリわかりました。」

――先日、課題と話していた球際の部分で今日は良い対応が随所に出ました。
「やっぱり自分たちが攻撃してボールを取られた後のパス一本を自分が取れたりした部分から、チームとしてもずっと相手のコートで良いリズムでサッカーができるようになったと思います。数的優位で攻撃しているぶん、相手もパスコースがあまりなかったと思うので、自分はそのパスを狙うだけでした。そこでちゃんと取れて良かったです。」

――初めての90分間のプレーでしたが、体力的にはいかがでしたか?
「最後は少し足が攣りそうになっていましたが、最後までチームのために出し切ろうと思ってやっていました。」

――マイボール時は相手のプレッシャーを巧みなターンでいなすシーンも多かったですが。
「相手がプレッシャーに来ていることは周囲の声や自分自身わかっていたので、余裕を持ってやれていたと思います。球際では終盤に少し軽くなってしまいましたが、試合を通しては競り勝てる場面が多かったと思います。」

――持ち味の声出しの部分はいかがでしたか?
「試合終盤は疲れもあって少し声が出せなくなりましたが、全体的に指示はできていたと思います。ただ、自分の指示がいらないぐらいみんなが良い動きだったと思います。」

――途中から同期の石浦選手が入ってきましたが。
「あいつは緊張するタイプですが、自分も助ける余裕はなかったので、お互いに全力でやろうと話し合っていました。」

――今日の試合で出た良かった部分と課題を聞かせてください。
「攻撃に関しては最後に純輝君へのパスがずれたぐらいで自分のミスでボールを奪われるシーンは少なかったと思います。これまでの試合ではそういうミスが出ていたので、それがなかったことは良かったと思います。課題は守備面で一発で外されてしまったり、相手のフォワードに簡単にパスを出されたところは修正したいです。相手の個人能力やパススピードなどユースとの違いは感じています。」

――来年に向けては開幕スタメンがひとつの目標になりますね。
「個人としてはすべての試合に先発で出たいと思っていますが、そんなに簡単にはいかないと思っています。このオフ期間を通じて自分に足りない部分を伸ばしつつ、プレシーズンも意識して取り組んでいきたいです。」

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.