★株式会社Speeeとのコーポレートパートナー契約更新のお知らせ


この度、東京ヴェルディは、マーケティングインテリジェンス事業・デジタルトランスフォーメーション事業を手がける株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚英樹)と、2020シーズンも引き続きコーポレートパートナーとして契約を締結しましたのでご報告します。

これにより2014年から続くパートナー契約は7年目となります。

■法人概要
法人名:株式会社Speee
代表者:代表取締役 大塚 英樹(おおつか ひでき)
法人所在地:〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4黒崎ビル5階
設立年月日:平成19年11月29日
資本金:19,015,000円
事業内容:マーケティングインテリジェンス事業、デジタルトランスフォーメーション事業
公式サイトアドレス:http://speee.jp/

■事業紹介
Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。マーケティングインテリジェンス事業、デジタルトランスフォーメーション事業、医療事業や東南アジアでのHR事業など幅広い領域に展開しています。提供するサービスには、マーケティング活動の意思決定を支援するサービス「PAAM」(https://paam.speee.jp)、ネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」(https://uzou.jp)、不動産売却・査定サービス「イエウール」(https://ieul.jp)、データプラットフォーム事業の「Datachain」(https://datachain.jp)などがあります。

■代表取締役 大塚 英樹 様コメント
「本年もコーポレートパートナーとして、応援させていただくこととなりました。2014年から続き7年目となります。今シーズンこそ悲願のJ1昇格を成し遂げられるよう、弊社も微力ながらお力添えできればと考えております。健闘を期待しています。
チーム関係者の皆様、サポーターの皆様、各スポンサーの皆様どうぞ宜しくお願いします」

■コーポレートロゴ

掲出箇所:東京ヴェルディ ホームページバナー

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.