★5/23(土)多摩市若者会議とのオンラインワークショップ開催のお知らせ


東京ヴェルディと多摩市若者会議は、「東京ヴェルディとホームタウンが今後どのように協働できるか」というテーマについてホームタウンにお住まいの方同士で意見交換することを目的として、オンライン会議ソフトを活用したワークショップを行います。

本イベントで挙がった話題や希望は、多摩市や稲城市へのフィードバックをすることを目指し、東京ヴェルディと多摩市若者会議が協力して活動を行います。

■多摩市若者会議について

『多摩市若者会議』は、多摩市役所の募集で集まった大学生や若手社会人から構成されており、多摩市の魅力を発見・創出・発信することを目的に活動しているグループです。居住地問わず参加可能(各地の大学生が参加)です。他大学と交流持ちたい方、多摩市で何か面白いことをやってみたい方などのご参加をお待ちしています。

※多摩市若者会議の詳細:https://tamayouth.jp/

■イベント概要
【名称】
多摩市若者会議×東京ヴェルディ オンラインMichiCafe『いまホームタウンとヴェルディが助け合うには』

【日時】
2020年5月23日(土) 13:00開始(15:00終了予定)

【主催】
多摩市若者会議

【協力】
東京ヴェルディ株式会社

【開催趣旨】

東京ヴェルディと多摩市若者会議は、昨シーズンより多摩市内にあるMichiCafeでのアウェイゲームのパブリックビューイングなど、連携した取り組みを行ってきました。

今シーズンも二者協働してホームタウンの活性化を目的とした連携事業を行う予定ですが、新型コロナウィルス感染拡大の影響で市内の商業施設の多くは営業自粛を余儀なくされているのが現状です。

このような状況下で東京ヴェルディとホームタウンがお互いに助け合うためにどのような活動を行っていけばよいか、近隣ホームタウンのサポーターと前向きに話し合う機会を持ちたい、そんな想いから本イベントを開催することになりました。

当日に挙がった企画・アイデアについては多摩市若者会議・東京ヴェルディを通じて多摩市役所・稲城市役所などにフィードバックを行います。

本イベントの趣旨に賛同いただける方はお住まいの地域に関わらず大歓迎ですので、参加者同士で交流しながらより良いアイデアを模索していきましょう!

【ディスカッションテーマ】

・2020シーズン、ホームタウンとしてどのように東京ヴェルディをサポートできるか。

・東京ヴェルディを活用したホームタウンの活性化/課題解決について。

・その他、東京ヴェルディとホームタウンの連携・協働について。

※テーマは変更となる場合があります。

【募集人数】
最大40名

※先着順の受付となります。

【主な募集対象】

・多摩市、稲城市民の皆様

・多摩市、稲城市在住の東京ヴェルディ、日テレ・東京ヴェルディベレーザ サポーターの皆様

【参加費】
無料

【参加者】
多摩市若者会議 渡部 勇人 氏

多摩市若者会議 泉 拓真 氏

東京ヴェルディ㈱ ファンデベロップメント部ホームタウングループ 佐藤 渉

東京ヴェルディ㈱ ファンデベロップメント部ホームタウングループ 助川 幸彦
【ファシリテーター】
多摩市若者会議 渡部 勇人 氏

多摩市若者会議 泉 拓真 氏

【申込方法】
下記URLの『チケットを申し込む』というタブよりお申込ください。
https://michicafe20200523.peatix.com/

【申込期限】
2020年5月22日(金)


(MichiCafeでのパブリックビューイングの様子)

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.