★佐藤優平選手「決め切るということは大事」



東京ヴェルディは7月25日、味の素スタジアムで行われた2020明治安田生命J2リーグ第7節でモンテディオ山形と対戦し、0-0で引き分けた。この試合後にMF佐藤優平選手がインタビューに答えた。佐藤選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 9 佐藤優平選手】
――試合を振り返ってください。
(井上)潮音のところで決めていれば試合は終わったかなと思います。相手は特に何もなかったので、ウチはいつもこういう試合をしているので、だんだん慣れてきましたけど、出だしで1点取れていれば良かったというのが率直な感想です。ただ、内容は悪くなかったと思います。

――序盤の決定機を逃したことで、立ち上がりからの戦い方がやりにくくなった部分はありましたか。
ないです。どこのチームもそうなので。山形に限らず、向こうもプライドを持って守備をしていると思いますが、今日に関してはかなりレフェリーが流していたので、自分たちの攻撃の起点を潰されてしまっていましたが、ほとんどはファウルだったのではないかと思う部分もありました。自分たちは相手が前から来ても、引いてでもどちらのやり方をしてきても構わないですが、僕らも自分たちのカウンターの形を持っているので、そのカウンターの形が出たシーンだったと思います。やっぱり、決め切るということは大事で、あれを決めていれば、相手は自分たちにずっとパスを回されて試合が終わっていたと思います。

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.