★井出遥也選手「あとは最後のところで仕留め切る」



東京ヴェルディは7月25日、味の素スタジアムで行われた2020明治安田生命J2リーグ第7節でモンテディオ山形と対戦し、0-0で引き分けた。この試合後にMF井出遥也選手がインタビューに答えた。井出選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:MF 11 井出遥也選手】
――試合を振り返ってください。
映像を見返してみないと全体を捉えるのは難しいですが、ピッチ上での感覚では自分たちのサッカーができたと思いますし、最後のゴール前のところでのチャンスは十分作れていたと思います。あとは最後のところで仕留め切ることができれば、よりラクな展開になったと思います。

――古巣との初対戦はいかがでしたか。
去年、一緒にやっていた選手がほとんどだったので、すごく対戦して楽しかったです。プレーをしているときも楽しかったですが、個人としては良いゲームができていたからこそ勝ちたかったです。

――前半10分過ぎ以降から主導権を握ってサッカーができていたと思いますが。
相手の立ち位置や守備のやり方は自分たちにとっても大事な部分ですし、相手を見て自分たちはサッカーをしているので、立ち上がりに関しては悪いボールの奪われ方を避けながら、相手の立ち位置を全員で把握しながらやっていました。そういう意味で10分過ぎたあたりから相手のやり方を把握しながらうまくやれたと思います。最後の崩しに関してはずっと課題でしたが、ここ数試合ではうまくやれていましたし、個人としては良い試合でした。あとは自分を含め前線の選手が最後のところを決め切ることが大事です。

――フロントボランチのところでの効果的なターンから攻撃にスイッチが入るシーンが目立ちました。
フロントボランチのところでは自分や(佐藤)優平君が求められているプレーがそういうところなので、より個人としてもそこを求められています。あとは最後の選択肢を選ぶという部分でもっと振っても良かったのかなと思っています。振ることによってもうひとつ選択肢が増えるので、そこは自分の課題でもあるので、振るという部分は意識したいです。

――今季初の無失点を含めカウンタープレスの精度はかなり高まっていると思いますが。
永井さんやコーチングスタッフは攻撃だけでなく、守備の立ち位置や切り替えの徹底を指示しているので、そこに関してもここ数試合はずっと良い守備ができています。今日に関しては前後半の最後に相手のクロスから危険な場面もあったので、細かい部分は個人としてもチームとしても突き詰めていく必要がありますが、チームとしてやりたい守備はある程度よくなっていると思っています。

――攻撃と守備が表裏一体というなかで、現在は双方がある程度うまくいっているという捉え方でしょうか。
攻撃のときの立ち位置に関しては後ろの選手たちがしっかりとリスク管理してくれています。そういう意味で良い守備から攻撃という形が出ていますし、両方のところで自分たちが成長しているという実感があります。これを継続してやっていきたいです。

――ビルドアップに関しては安定感が出てきています。
ミーティングでもフリーマンのところに付けるパスというのは狙っている部分ですし、そこに入った後に自分たちがどのように絡んでいくのかも、ミーティングでよく言われている部分です。前線にボールが入った後だったり、(端戸)仁君の背後のスペースをもっと狙っていければと思います。そこはチームとして縦パスが入った後のスピードアップはできていると思います。

――端戸選手がセンターバックを引っ張った後の裏のスペースを突く動きは少し足りない部分でしたが。
試合中に永井さんにも指摘されていたところですし、仁君に食い付いたところは今日の試合に関してもっと狙うべきところでした。チームとしての意思疎通という部分は永井さんのサッカーで重要な部分であり、選手たちも自分たちが感じたところだったので、そういう狙いに関しては自分を含めて誰かがアクションを起こしていく必要があります。

――今日に関しては数あるセットプレーのひとつをモノにしたかったというところもありました。
自分たちの中でセットプレーでも点を取りたいというコンセプトを持っていますが、良い攻撃からシュートやクロスで攻撃を終える中でコーナーキックの数も多かったので、セットプレーの練習やアイデアを出していますが、決め切る部分は課題です。自分たちがセットプレーからもゴールを奪えれば、勝ち切るうえでラクになりますし、練習から意識していきたいです。

――試合終盤は少し相手の時間帯が続きましたが。
相手も最後まで走り切る力がありましたし、最後のところでプレーを切るべき場面や戻り切る必要がある場面もありましたが、相手がそういうチームだけに自分たちもしっかりと付いていくという部分は課題です。

――今日に関しては自分たちの良い時間帯にゴールを取り切れなかった点が一番の反省点でしょうか。
前半もビッグチャンスがありましたし、後半もあれだけ押し込んだなかで個人として振るべき場面で振れなかった部分は課題です。優平君とかとも話しましたが、決め切ることで自分たちの理想的なゲームプランに持っていけるので、最後決め切る力が今後上の順位に上がっていくためのカギです。

――同点の展開でも焦れずに自分たちの戦い方がある程度できたという点は前向きな材料でもありますが。
最後に失点しそうな場面がありましたが、全体的には良い守備ができていましたし、ゼロで抑えられたことはチームとしても良い部分です。ゲームプランも前半は自分たちのサッカーができたので、プラスに捉えていきたいです。

――3連戦から少し間が空いての試合でしたが、コンディション面はいかがでしたか。
今日に関しては雨の影響でグラウンドが少し緩いところが多く、いつも以上に足に負担を感じるところもありました。ただ、この前は甲府、千葉と連戦が続き、今回もすぐに連戦が続いていくので、1週間空いたことで身体がすごくラクになった感覚はありませんが、自分たちのサッカーは変わらないですし、相手の方が絶対にきついと思います。メンタル的にも頭も整理させているなかで試合をしているので、そういう部分では相手よりもきついという感覚はないです。誰が出ても変わらずに良いサッカーができていますし、全員が良い準備をして次の試合に臨みたいです。

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.