★永井秀樹監督「非常に悔しい試合」



東京ヴェルディは7月25日、味の素スタジアムで行われた2020明治安田生命J2リーグ第7節でモンテディオ山形と対戦し、0-0で引き分けた。この試合後に永井秀樹監督が公式会見に出席した。永井監督の会見コメントは以下の通り。

【試合後監督コメント: 永井秀樹監督】
――試合を振り返ってください。
ホームゲームで非常に悔しい試合だったというのが正直な感想です。ある程度、引かれて守りを固められることは想定していました。その後ろ5枚を崩すというのはかなり時間をかけて準備してきたつもりでしたが、スクエア・ゾーンからフィニッシュ・ゾーンのところの崩し方の方法論のところに関しては、別のプランへの切り替えはもう少し早めでも良かったのかなというのが反省としてあります。ただ、その中でも前向きに考えれば、幾つかチャンスも作れましたし、あと一歩というところでした。また、守備陣もマテウスもそうですが、最後のところで本当に身体を張って粘り強く守備してくれてゼロで抑えて、何とか勝点1を取れたことは非常に良かったと思います。ただ、やはり非常に悔しい試合でしたが、また連戦が始まる中で、選手は非常によくやってくれたと思います。

――相手の前線からのプレスはある程度想定していた部分でしたか。
そうですね。それを踏まえてどのように相手のプレッシャーを越えていくかという部分はできていたと思います。

――チャンスが少なくなった後半半ば以降の改善点に関してより具体的に聞かせてください。
スクエア・ゾーンに入っていくという部分に少し力を注ぎ過ぎたというか、大事なその先の背後を狙う動きが少なくなったという部分が反省点です。後半に関しては小池、山下を投入した中でより背後を狙う意図がありましたが、なかなか5枚のどこの背後を取るかに関して我々の選手であれば、もう少しうまくやれたという感覚です。そこは今後に向けて改善していきたいです。

――山形が前半の途中からより重心を下げてこちらの縦パスを狙ってのカウンターという戦い方に変更した点はマイナスに働きましたか。
常に我々は相手と相談しながら戦っていくという部分で、相手が前から来るのであれば、プランは変わりますし、攻めるべき場所も変わってきます。逆に、相手が後ろを固めてくるのであれば、どこで相手を引き出してどうやって中に侵入していくか、そして最後仕留めるかという部分で、相手を見ながら頭のチップを変えていけると、さらにうまくいくと思います。今週のトレーニングではそういった切り替えがすごくできていただけにすごく悔しい試合です。ただ、選手たちは前向きにチャレンジしてくれていたので、必ず次に繋がると思います。

――山下諒也選手の投入に関しては2枚替えで前から圧力をかけてきた相手を引っくり返す狙いがあってのものでしょうか。
その通りです。判断は難しかったですが、山下を生かすうえでは背後にスペースがあった方が良いとの考えでした。引かれた相手に対しては彼の良さを生かす中で投入のタイミングは難しかったです。

――3試合負けなしという結果をどう捉えていますか。
本当に選手がよくやってくれているの一言に尽きます。なかなか最後のところで崩せないこういう試合を、最低限負けないという、我々が勝点3を取れなくても、相手にも勝点3を与えないというのも長いリーグ戦を考えて大事なところだと思います。

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.