★高橋祥平選手「自分が点を取ることでFW陣を助けることにも繋がる」



東京ヴェルディは7月29日、味の素スタジアムで行われた2020明治安田生命J2リーグ第8節でアルビレックス新潟と対戦し、1-1で引き分けた。この試合後にDF高橋祥平選手がインタビューに答えた。高橋選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 6 高橋祥平選手】
――ゴールシーンを振り返ってください。
キッカーが良いので。(佐藤)優平君のボールが良かったので触るだけでした。

――ご自身としては近年で久々のリーグ戦のゴールになりましたが。
確かに自分の中でも点が取れていないという自覚はありました。行くチーム、行くチームでやり方は変わりますが、それによって点が取れないというわけではないです。ただ、ヴェルディに関しては言いづらいですが、あまり身長が大きい選手がいないので、自分はわりと高い方なのでセットプレーでは攻撃参加できるチャンスがあります。こういう厳しい試合展開の中で自分が点を取ることでフォワード陣を助けることにも繋がるので、あそこで1点を取れて良かったです。今日に関しては本当に優平君のボールがピンポイントだったので、本当に自分が触った感覚も薄く、点を取ったのも久しぶり過ぎてあまりよく覚えていないです。

――ゴール後にサポーターから拍手が聞こえていることをアピールしていたように見えましたが。
僕たちにとってサポーターは重要な存在ですし、サポーターがいるからこそ、みんな身体がきつくても動ける部分もあるので、本当に感謝をしつつ、こういうご時世ですが観に来てくれている人たちへの感謝を示したかったです。

――試合を振り返ってください。
もっと後ろからのビルドアップに関して良いボールを供給できたのではないかと思っています。そういうところから後ろがもっとどんと構えていなければいけないなと思います。今日は全体的にうまくいっていない感覚があり、新潟が相当に研究してきたのかはわかりませんが、嵌め方もうまかったですし、パスを出せるところが少なく感じました。もっと自信を持って後ろの選手がポゼッションに加わっていく必要を感じています。

――今日は良い形の配球が目立っていたと思いますが。
そこは自分だけでなく平君もワカ君(若狭)、ハム君(奈良輪)も良いボールを出せるので、どこからでも良いボールを出せると思っていましたが、今日に関してはなかなかうまくいかなかったです。

――前線に対して動き出しを求める声が目立っていましたが。
相手も研究してきている中でパスコースがなく、アクションも少なかったので、裏に抜けるか、足下で受けるのかを要求しました。配置的に難しい部分があり、自分たちで動かないと崩せない感覚でした。相手の嵌め方もうまかったので、声を出していました。

――最終的に同点に追いつかれた点をどのように捉えていますか。
ディフェンスとしては絶対にやってはいけない形の失点でした。あの時間帯では勝点が2も変わってしまうので、最後までもっと集中すべきでした。

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.