★平智弘選手「あまり自分たちのサッカーができなかった」



東京ヴェルディは7月29日、味の素スタジアムで行われた2020明治安田生命J2リーグ第8節でアルビレックス新潟と対戦し、1-1で引き分けた。この試合後にDF平智弘選手がインタビューに答えた。平選手の試合後コメントは以下の通り。

【試合後選手コメント:DF 5 平智弘選手】
――試合を振り返ってください。
最後の失点はもったいなかったので、そこは今後改善していきたいです。内容に関しても自分たちのサッカーができたわけではないので、そこも次に向けて反省したいです。

――少し相手の並びに変化がありましたが、相手の戦い方はある程度想定内でしたか。
相手も後ろから組み立てるサッカーをしてくることはわかっていたので、自分たちの守備は前からプレッシャーをかけて少しでも高い位置でボールを獲りたいという意識で90分間プレーしていました。

――前半10分過ぎからボールを支配していく展開になりました。
相手もすごく自分たちのサッカーを分析してきている印象があり、自分たちが理想とする形のボールの回し方がなかなかできなかったです。その状況が続く形で試合が進んでしまったので、そういったときに自分たちの立ち位置や個人のアイデアも必要だったと思っています。

――ボール回しに関してやりにくさを感じた部分を聞かせてください。
自分たちが後ろから組み立てていく中でセンターバックがフリーになっていくところで、自分のところへのプレッシャーが思ったよりも早く、サイドの味方を使いたかったですが、そこを切られながらプレッシャーをかけられていました。自分たちはそういうスペースを有効的に使っていくサッカーなので、相手にだいぶ分析させている感じがありました。特に前半はやり辛さを感じました。

――端戸選手へのクサビのパスも今日はかなり制限されていました。
そこはどのチームも危険だと思って相手のセンターバックが徹底的に潰しにきています。そういう試合が増えてきているので、それ以外の選手が空いたスペースに飛び込んで行く形など、裏のスペースももっと有効的に使っていかないと、相手も嫌がらないと思います。そこは次の試合に生かしたいです。

――前半に関しては中央を締めた相手に対して、相手サイドバックの裏のスペースを突く形が有効的に見えましたが。
相手のスライドが速かったので、逆にボールがないサイドが空いていくということはわかっていました。そこをもっと使っていきたかったです。

――先制した後はボールを握って追加点を狙いつつ、試合を締めにかかるというプランでしたか。
点を取った後は残り時間を考えて守り切るという意識で統一されていました。ただ、残念ながらああいう形で失点してしまったので、もう少し別の戦い方もあったのかなと思います。

――ロングスローからの失点は今季2度目になりましたが。
ロングスローでの2失点は今後、弱みになってしまう可能性もありますが、そこはちょっとしたところで改善できると思うので、細かい部分を一人ひとりがもっと責任感を持った李、声を掛け合っていく必要があります。

戻る
(C)TOKYO VERDY
(C) CWS Brains, LTD.